【フリーランス志望必見】フリーのエンジニアになる道筋

フリーで開発したいならWeb開発を勉強するべきです。

フリーランスのエンジニアになるには、以下の3ステップが必要です。

1. プログラミングの基礎力をつける
2. 自分のオリジナルアプリとポートフォリオを作る
3. フリーとして活動するために必要な知識を学ぶ

はじめに

こんにちは、五石です。

最近何かと話題のプログラミングですが、

自由な働き方に憧れてエンジニアを目指す方も多いのではないでしょうか。

特に、最も自由の象徴とされているのが、フリーランスのエンジニア(プログラマ)ですね。

 

そんな、フリーのプログラマになる前に知っておいてほしいことをこの記事でご紹介したいです。

 

フリーで活躍したいならWeb開発!

まず最初に、

フリーのプログラマとして活躍したいのであれば、Web開発を選択しましょう。

理由は

Web開発の方が圧倒的に案件数が多いからです

機械学習の案件として紹介されているものでも、実際にはWeb開発を理解していることが前提のものも多々みられます。

Freelance Startというフリーランス界隈で有名なサイトで案件を検索すると、

機械学習は698件なのに対して、

Web開発は、21612件もの案件がヒットします。

 

なんと約30倍もの差があります!

これは案件が取れるチャンスが30倍の差があるということでもありますね。

また、前述の通り、

機械学習の案件にはWeb開発を基本としているものも存在するため、Web開発がどれだけ主流かが分かるかと思います。

フリーランスとして活動していくには、案件を取れるかが1番重要な要素です。

どれだけ開発がうまくても案件が取れなければお金にはなりません。

市場に出回っている案件が多い分野の方が、フリーとして活動していく上で効率が良いのは確かです!

 

フリーでプログラマになるための道筋

フリーランスのエンジニアになるには、以下の3ステップが必要です。

1. プログラミングの基礎力をつける
2. 自分のオリジナルアプリとポートフォリオを作る
3. フリーとして活動するために必要な知識を学ぶ

詳しく見ていきましょう。

1.プログラミングの基礎力をつける

プログラミングの基礎力をつけることに特化したサービスは沢山あります。

そんな中で僕が関わってきてよく知っているものを紹介したいと思います。

TECH ACADEMY

スクール独自の教材に沿って、週2回メンターとのビデオ電話で学習をサポートしてくれます。

さらにSlackで質問をすると教えてくれるようになっています。営業時間内に質問するとかなり早いとの評判です。

金額は一ヶ月で139,000円になっています。スクール内では相場内の値段と言えるでしょう。

また、地方在住の方や忙しい日々を送っている方にとっては、教室に通う時間を省けるためと言えるでしょうか。

Progate

メンターこそいませんが、一部を教材を除いて無料でプログラミングを学習できます。

有料教材も月額980円で会員になれますので、かなり低価格で学習できます。

動画でプログラミングを学べるサービスや、スライドと演習問題形式で学べるサービスなど、

自分にあった学習方法が選べるのも、自分で教材を選んで学習することの利点です。

ただメンターがいませんので、モチベーション維持やスケジュール管理などは難しいと思います。

それとプロに相談ができないのもデメリットではあります。

TECH::CAMP

スクール独自の教材に沿って、教室でメンターが学習のサポートをしてくれます。

こちらは入会費148,000円と月額14,800円します。

最大の特徴は教室があるということでしょうか。

教室にいけば待機しているメンターが親切に教えてくれます。

 

ただ、スクールをするのはかなり価格が高くなります。もちろんスクールにはスクールのいいところがありますが、

敷居があまりに高いのです。

私がするサービスで恐縮ですが、私が最もオススメする方法は

NAGGI CLUB(ナギ倶楽部)でメンターをしていただき、

Progateで学習を進めるのが最も低価格で

手軽にプログラミング学習する環境を提供させていただければと思います。

2. 自分のオリジナルアプリとポートフォリオを作る

プログラミングの基礎を学ぶ事ができたら、

次は自分のオリジナルアプリを作り、それを公開するポートフォリオを作りましょう。

オリジナルアプリとポートフォリオを制作するメリットして、

  • 営業先があなたがどのようなことができるかひと目でわかる
  • 作りきった経験ので信頼性があがる
  • 圧倒的に技術力があがる

などが挙げられます。

プログラミングスクールには、このオリジナルアプリやポートフォリオ制作までサポートしてくれるスクールも多く、

ポートフォリオ制作の重要性は周知の事実となっています。

まず、フリーのエンジニアとしてやっていくには案件を獲得しなければならないことは前述したと思います。

その際にお仕事を頼む側からすれば、

何か成果物があるとお仕事が非常に頼みやすくなります。

また、プログラミングを教材を元に学習してもあまり技術が身についていないことがあります。

見よう見まねでカリキュラム通りにしても、いざ何もない状況にされると手が止まる方も多々います。

そんなとき練習として何かサービスをゼロから作成すると

圧倒的に技術力があがり、自信もつきます

 

何か自分で簡単なものでもWEBアプリを作るというのはプログラミング学習には必須のものです。

3. フリーとして活動するために必要な知識を学ぶ

さて!ここまで来たらあと少しです。

既にあなたは、プロのエンジニアとして働き出せるスキルと、それを証明するポートフォリオを持っています。

あと必要なのは、どうやって仕事を獲得するかというノウハウと、フリーランス特有のノウハウを手にすることです。

具体的には、以下のような知識です。

  • 営業でいかに好印象を与えて仕事に結びつけるか
  • 適切なコミュニケーションの仕方、頻度
  • 事務処理、契約の注意点
  • フリーの案件に特化した開発手法

これらの知識は、オンラインスクールでも「フリーランスコース」として提供している場所もあり、スクールでプログラミングの知識からポートフォリオ制作、フリーとして活動するために必要な知識を一貫して学ぶのも一つの手です。

また、実際にフリーランスとして前線で働いている先輩方に教えてもらうという方法もあります。

オンライン学習サービスで基礎力をつけて、上記でご紹介したメンターマッチングサービスを活用して、オリジナルアプリを作ったり、フリーランスに必要な知識を教えてもらうといった方法です。

どの方法が優れているということではなく、自分にあった勉強方法を選ぶ事が大事なので、経済状況と生活スタイルを考慮して、是非検討してみてください。

 


 

Naggi Club(ナギ倶楽部)ではプログラミング学習をサポートしております。

現役のシリコンバレーエンジニアが豊富な経験と知識により、挫折しないプログラミング学習を全力で提供します。

プログラミングに関する技術的な質問からスケジュール管理やモチベーション維持まで精一杯サポートさせていただきます。

詳しい情報はこちらからよろしくおねがいします。

 

 

大阪桐蔭高校中退。TECH::CAMP梅田でプログラミングを学習する。 同じくTECH::CAMPでメンターを経験する。 その後、渡米しカリフォルニアの大学に行きながら シリコンバレーで現役のエンジニアとして働いている。 同時にTECHACADEMYのメンターをしている
投稿を作成しました 9

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。