【プログラミング言語選択】Pythonって結局何が出来るの?

世界的スタンダードな言語Pythonですが、結局のところ何ができるのでしょうか?

今回はPythonの得意分野を紹介したいと思います。

Pythonは多目的言語なのでパソコンのことならほとんどなんでできますが、今回は具体例を出していきたいと思います。

WEBが作れる

PythonとDjango(Pythonで最も有名なWEBを作るツール)というフレームワークを学習すれば、WEBサイトを作れるようになります。

WEBサイトとは皆さんがブラウザでアクセスする全てのものです。

現在、見ていただいてるサイトもそうですが、YouTube、Facebook, TwitterもWEBサイトです。なので作ろうと思えば、Youtubeも作れてしまいます。

Djangoを勉強するにはDjango Girlsというチュートリアルがオススメです。

https://tutorial.djangogirls.org/ja/

 

是非、一度見てみてください。わかりやすくまとめられています。

 

データ分析が出来る

他の大体の言語でもデータ分析は出来ますが、Pythonはこの手のものが得意です。

プログラミング言語の得意不得意はどういうふうに決まるかと言いますと、

基本的には使用している人がどの分野で働いている人が多いかによります。

Pythonはすでにデータ分析の分野で多く使われていますのでその分、それらの教材やライブラリが多くなります。

なので、Pythonでデータ分析がしたい方はそういったライブラリの使用の仕方を覚えましょう。

ほぼ、必須と思われるのはnumpyやpandasです。

 

ただ、気をつけてほしいのが

Pythonを勉強しただけではデータ分析は出来ません!

Pythonはあくまでツールであり、データ分析をするためには統計を学習する必要が当然のようにあります。

 

 

機械学習とAIを作れる

基本的には機械学習やAIというのは統計の延長線上にあります。

これらの論理はほとんど数学の線形代数で構成されています。

 

数学で論理付けられたものをPythonという言語で実装されているだけなので、

これももちろんPythonを勉強したからと言って出来るものではありません。

(ライブラリの使い方とか理解できるようになれば、理論はわからなくても出来るかも?)

 

本気でAIをしたいのであればしっかりと数学から勉強しましょう!

 

 

 


 

Naggi Club(ナギ倶楽部)ではプログラミング学習をサポートしております。

現役のシリコンバレーエンジニアが豊富な経験と知識により、挫折しないプログラミング学習を全力で提供します。

プログラミングに関する技術的な質問からスケジュール管理やモチベーション維持まで精一杯サポートさせていただきます。

詳しい情報はこちらからよろしくおねがいします。

 

もし興味があり、ご登録の頂ける場合はこちらのリンクから登録いただけると500円の割引がございます!

 

大阪桐蔭高校中退。TECH::CAMP梅田でプログラミングを学習する。 同じくTECH::CAMPでメンターを経験する。 その後、渡米しカリフォルニアの大学に行きながら シリコンバレーで現役のエンジニアとして働いている。 同時にTECHACADEMYのメンターをしている
投稿を作成しました 16

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。